交通事故のとき重要な弁護士の選び方

TOP > 時効

 

弁護士探し

    

交通事故の被害に遭った場合には、損害賠償金や保険金を受け取ることが出来ますが、
これらの請求に関しては時効が設定されています。

 

加害者に対する損害賠償金の請求は交通事故があった日から3年以内とされており、
自賠責保険の保険会社への請求は2年とされております。


ただし、後遺症が残った場合などは、症状が固定されてからが起算日となりますが、
骨折などの怪我の場合は交通事故が起こった日を起算日とします。

安心した

 

怪我の治療を行っている最中には急いで示談を受け入れる必要はありません。
もし後遺症が残った場合には、損害賠償金額が大きく異なるからです。

前に進んだ

 

しかし余りにも余裕を持ち過ぎていたり、交渉が難航して
なかなかまとまらない場合などは、時効の期日が
差し迫って来てしまう場合があります。


そのため出来るだけ時効を避けて交渉を成立させる為には、
弁護士に示談交渉を依頼した方が良いです。

 

弁護士に依頼すれば、期日も見据えて段取りを組んでくれますし、
時効の中断などの手続きも行ってくれます。

 

さらに当事者同士での話し合いがまとまらない場合には、弁護士に依頼すれば
調停や訴訟によって解決してもらえます。