交通事故のとき重要な弁護士の選び方

TOP > 自賠責

 

交通事故の問題を弁護士に相談するべき理由

 

交通事故を起こしたときに、自賠責保険にしか加入していない場合には、
相手への賠償が不十分となってしまう可能性があるので、任意の自動車保険に
加入しておくことがとても大切になります。

 

自賠責以外の任意の自動車保険に加入しているメリットのひとつとしては、
交通事故時に保険会社を通じて弁護士を利用することが
出来るという点があります。

 

自動車保険の2つの種類|自賠責保険と任意保険


自動車保険には2つの種類があります。


一つ目は強制保険とも呼ばれるもので、自動車を使用する際に
契約することが義務付けられているものです。


損害保険会社で契約する自動車損害賠償責任保険や、共済組合で加入する
自動車損害賠償責任共済と呼ばれるものです。


自賠責保険は交通事故の際の被害者に対する最低限の救済を
目的とするため、補償範囲は限定的です。


交通事故の相手方の身体に関する損害しか補償の対象にはなりません。
相手方の物や、自分の身体や物が自分が起こした交通事故で
損害を負ったとしても、保険金は一切支払われません。


相手方の身体に関する損害にだけ支払われる保険です。
その損害の補償額にも上限が決められていて、損害額が
上限を超えてしまった場合は自己負担となります。


もう一つは任意保険と呼ばれるもので、自賠責保険では補償されない部分を
補償してくれるものです。相手方への補償として、対人賠償や対物賠償があります。


自分や搭乗者への補償として人身傷害補償や搭乗者傷害保険、
無保険車傷害保険や自損事故保険などです。


また、交通事故で破損した車への補償となる車両保険です。
任意という名前の通り、自分で補償内容や補償金額の上限を設定したり
自分に合ったものにカスタマイズすることができます。


自賠責保険で補償されない部分や、補償金額の部分を補うものと考えれば分かりやすいです。


弁護士に依頼した方が確実

 

弁護士の中には交通事故関係の法律知識や経験が豊富な方が多く、
そういった専門分野に精通している弁護士を紹介してくれることがあるので
非常に相手方との交渉が楽になります。自動車保険

 

事故の相手方との話し合いが
スムーズに行かないときなども
弁護士の力で話し合いを
まとめていくことが出来ることが
あるでしょう。


自賠責保険のみで任意の保険に入り、自分で探して
依頼していないという人の場合でも、自分で探して
弁護士に相談をしたほうが、相手方との交渉が
うまくいくことが多いので、そうしたほうが
結果的には成功することになるでしょう。

弁護士の利用