交通事故のとき重要な弁護士の選び方

TOP > 休業補償

 

交通事故の問題を弁護士に相談するべき理由

 

交通事故に遭って重傷を負った時には、治療をする必要があります。

その治療期間は働くことができません。
しかし、その治療期間会社から一切給料が支払われないとなると
生活することが困難になってしまいます。治療期間

 

そこで交通事故等に遭った場合には、会社に
休業補償の請求をすることができます。


但しこの休業補償を受給できる期間や額などは
法律で決まっています。

 

またそれを受けるための手続きは複雑なので、
よく分からない人もたくさんいます。
その場合には、弁護士に相談をするのが良いです。

 

会社の中には、休業補償を支払うことについて難色を示す場合があります。
しかし交通事故にあって治療中は一切お金が入らないとなると、
家族は路頭に迷ってしまいます。

複雑な部分


そのようなことにならないためにも、弁護士とよく相談する必要があるのです。

 

賠償額確定前に支払い!自賠責保険における「仮渡金」制度とは


交通事故の被害者になると、治療費や仕事を休むことになり
給与も減り、生活費なども必要になります。


とは言っても、保険金は事故の詳細な調査を行ってから、治療が完全に
済んでからではないと確定しないので給付されません。


事故に遭ったすぐにお金は欲しいのに、給付はのちのちとなってしまうと
被害者なのに負担が大きくなってしまいます。


そんな被害者の救済の目的でできた制度が自賠責保険会社の仮渡金制度です。


怪我の程度によって支払金額の上限は決まっていますが、
それでも少しまとまった金額をすぐにもらえるので、長く待つことがありません。


この仮渡金の制度は自動ではないので、もしすぐに保障してほしいと思った被害者が、
自賠責会社に請求を起こさなくてはなりません。


もし請求がない時は、調査が終わり賠償金が確定してからの支払いになります。
その昔は仮渡金制度ができる前には内払金というものがありました。
法的に決まった制度ではなく暗黙の了解で運用されていた制度で、
今は廃止されて自賠責保険の仮渡金制度になっています。


仮渡金制度は法的に認められた制度ですので、今まとまった金額が
手元に欲しいなと思ったら、迷うことなく自信をもって自賠責保険会社に請求を出しましょう。

 

弁護士に最善策を導き出してもらう

 

弁護士は休業補償について詳しく知っているので、相談すれば
きっと良い解決方法を導き出してくれるはずです。

 

一人で悩んでいても何も解決することはないので、少しでも困ったことが
あるのならば、弁護士に相談するのが良いと思います。