交通事故のとき重要な弁護士の選び方

TOP > 弁護士特約

 

交通事故の問題を弁護士に相談するべき理由

    

 

交通事故によって毎年多くの尊い命が奪われていますが、その中には
歩行者の不注意によって招いた不幸な交通事故も存在します。

 

というのも、最近では、交通ルールを無視した悪質な歩行者が増加しています。

 

歩道をしっかりと歩いていなかったり、スマートフォンを使用しながら
前方をまったく注意していなかったりします。

前方不注意


このような場合にでも、交通事故を引き起こしてしまった場合には
運転手の責任になってしまうのです。

 

多少過失割合の減額はあるものの、かなりの割合で運転者の損害賠償が
成立してしまいますし、刑事訴追を受けることもあります。


これは、一種の冤罪のようなものでしょう。
まったくその運転手が悪くないような場合でも、刑事罰を科せされる可能性があると思うと
安易に運転はできません。

安心できない

 

最近はドライブレコーダーの普及により、確たる証拠が残されるようになったため
大分ましにはなってきましたが、やはりどれだけ気を付けて運転していても
予期せぬ出来事というのは起こってしまうものです。


いざというときにも冷静な判断と対応ができるよう、頼れる弁護士を見つけておきましょう。