交通事故のとき重要な弁護士の選び方

TOP > 時効

 

交通事故の問題を弁護士に相談するべき理由

    

交通事故の被害に遭った場合には、損害賠償金や保険金を受け取ることが出来ますが、
これらの請求に関しては時効が設定されています。

示談交渉

加害者に対する損害賠償金の請求は交通事故があった日から3年以内とされており、
自賠責保険の保険会社への請求は2年とされております。


ただし、後遺症が残った場合などは、症状が固定されてからが起算日となりますが、
骨折などの怪我の場合は交通事故が起こった日を起算日とします。

 

怪我の治療を行っている最中には急いで示談を受け入れる必要はありません。
もし後遺症が残った場合には、損害賠償金額が大きく異なるからです。

 

加害者や保険会社が示談に応じない理由と対策


交通事故の損害は、身体や自動車をはじめとした財産に限らず
心の傷や大事な約束に遅れてしまうなど、金銭に代えがたい被害を被ることも少なくありません。


しかし補償は、財産であれば原状回復、心の傷などについても
慰謝料という形で金銭に評価したうえで、賠償金に代えざるを得ないのが現実です。


そのため、被害者が少しでも早く事故を過去のものにするため、
損害賠償を受けたり示談を交わすことで一区切りにしたくても、
加害者や相手方の保険会社によって先延ばしにされてしまうことがあります。


原因として考えるものの一つにアフター・ロス契約というものがあり、
これは事故当時保険未加入であったために、本来は保険で補償されるものではないのに
事故そのものの発生日付を虚偽申告して保険でカバーしようとするものです。


事故の加害者に十分な補償能力がない場合に、被害者にとっても
保険会社の方が確実に補償してくれるので有利などと言って協力すると、
共同して保険会社に詐欺を行ったことになってしまうので、絶対に乗らないようにします。


事故の相手方が誠実に事故処理に協力しない場合は、訴訟に先立って
一般民事調停を求める方法が可能です。


自動車保険に弁護士費用特約が付いていれば、弁護士に依頼しても
翌年以降の等級に影響しないので安心です。

 

被害者側として時間の経過に注意

 

しかし余りにも余裕を持ち過ぎていたり、交渉が難航して
なかなかまとまらない場合などは、時効の期日が
差し迫って来てしまう場合があります。

解決してもらう
そのため出来るだけ時効を避けて交渉を成立させる為には、
弁護士に示談交渉を依頼した方が良いです。

 

弁護士に依頼すれば、期日も見据えて段取りを組んでくれますし、
時効の中断などの手続きも行ってくれます。

 

さらに当事者同士での話し合いがまとまらない場合には、弁護士に依頼すれば
調停や訴訟によって解決してもらえます。