交通事故のとき重要な弁護士の選び方

TOP > 子供

 

交通事故の問題を弁護士に相談するべき理由

    

 

子供には、事故に遭わないようにきちんと左右を確認して横断歩道を渡ること、
信号はきちんと守ること、自転車に乗る時にはスピードを出さないようにすることなど、

親は家庭できちんと教えて子供の安全を守ります。

早めに相談する
しかし、子供はきちんと親の言われたとおりに安全に気をつけていたにもかかわらず、
無謀な運転手によって交通事故に巻き込まれて被害に遭うということがおきてしまいます。

 

子どもの交通事故傾向|時間帯は?自宅からの距離は?自転車?


近年少子化が進んでおり、日本は深刻な問題を抱えています。
2005年2月に(財)交通事故総合分析センターによって発行されたものによると、
死亡した子どものおよそ7割が自転車を運転しているとき、あるいは歩いているときだと言われています。


ただし幼児の場合は例外です。
幼児は親などが運転していた車に乗っているときに死傷してしまったケースの割合が多くなっています。


時間帯は小学生と幼児の場合は午後3時から6時までの間が多いです。
これは放課後にあたる時間となります。


中学生の場合は登校が集中する朝7時から9時までの時間帯と、
下校が集中する夕方4時から7時までの時間帯に事故が発生する傾向があります。


大人よりも子どものほうが、土日や祝日に事故に巻き込まれてしまう危険性が高いです。


平日は学校に行っているので比較的安全に過ごすことができますが、
休日になると自由に動き回ることができるため、事故に遭う確率が上がるとされています。


そのため周囲にいる大人たちがしっかりと見守っていくことが大事です。


自宅から近い距離で発生しているということも大きな特徴です。
小学校の低学年の場合はおよそ30%、幼児の場合は半数程度が自宅から100mという
狭い範囲の中で事故が起こります。


中学生になるとその範囲は2km以上と広がるため、幼い子どものほうが
自宅から近くの場所で被害に遭いやすいと言えます。

 

万が一事故に遭ってしまったら

 

もし大切な自分の子供が交通事故に遭ったなら、早めに弁護士に相談しましょう。
事故による治療費はもちろんですが、万が一後遺症が残った場合の保障や
慰謝料など、ちゃんと支払われるように弁護士に相談をして手続きを行ってもらい
加害者に請求しましょう。

保障

相談する際に交通事故問題に強い弁護士に相談するなら、
より一層きちんと保障をしてもらうことができるでしょう。


これから先長い将来が待っていますので、しっかり保障を
してもらって安心して親も子も生活しましょう。