交通事故のとき重要な弁護士の選び方

TOP > 希望

 

交通事故の問題を弁護士に相談するべき理由

    

運悪く交通事故の被害者になってしまったけれど、
相手保険会社がこちらの希望通りの慰謝料を支払ってくれず
交渉が長引いているという話もよく耳にします。

 

もしくは正しい知識がないために、多少納得出来なくても相手保険会社の言いなりで
示談してしまったという人も少なくないと思います。

 

交通事故で示談交渉の開始時期と解決までの期間


交通事故で発生した被害を加害者側に負担してもらうのが示談交渉の目的ですが、
この開始時期には厳格な決まりはありません。


基本的には被害者が始めても良いと思ったら開始することができます。

とは言っても、示談金の中には治療費や後遺障害の認定による慰謝料が含まれています。
さらに、慰謝料の研鑽の時には入院日数や通院日数、それを証明するために
病院から治療の証明書などを発行してもらうことも出てきます。


そのため、正確な示談金を自分に不利なく出すためには、治療が完全に終わった、
治療したけどこれ以上良くならないと後遺障害認定をしてもらった後が良いでしょう。


人身事故の場合は治療がいつまで続くかはその人次第、けがの具合によりますので
明確な基準はありませんし、最悪死亡してしまうと、警察や検察の調べですべてが
明らかになった後ということになります。


一方物損事故でも現場検証などありますので、罰則が確定してからとなります。
基本は行政の罰が決まり、賠償金額を算出するのに必要な証拠や状況になるまでは
示談は進めないのが基本です。


データによって金額が変わってくるので安易に始めてしまうと、妥当な金額の示談金を請求できません。
解決期間も相手の出方次第、提示金額次第です。


弁護士がいると法的に正しい金額に近づけてくれて、対応もスピード感がでて安心です。

速やかに対応

示談交渉を弁護士に任せる


そんな場合は出来るだけ早急に弁護士に相談してみる事をお勧めします。

交通事故専門の弁護士であれば今まで経験に基づいて速やかに対応してくれます。

 

弁護士に委任してしまえば、代わりに相手保険会社と話をしてくれますので、
煩わしい交渉から解放され、治療に専念する事が出来ます。

また最大のメリットは慰謝料の増額が期待出来るため、
希望通りの慰謝料がもらえる可能性が高い事です。

専門知識

交通事故の慰謝料には3つの基準があるのですが、弁護士に依頼すれば
その中でも一番高い「裁判基準」のが適応されるケースが多いからです。
交通事故の示談交渉で悩んでいる方は、泣き寝入りする前に
一度気軽にご相談されてみてはいかがでしょうか。